bar 碑文谷体育館
 

スタッフ通信
イベントレポートにも書いたように、5/5は無料公開イベントを開催しました。 昨年度の「碑文谷フレンドパーク」の第2弾を企画していた私たち職員は震災以後、節電や自粛ムードや・・・諸々を考慮した結果「こどもの日 無料公開イベント」とすることにしました。

区民の皆様を少しでも元気に、笑顔になっていただき、今年度開催する教室事業の紹介も兼ね、ゴールデンウィークの1日思いっきり体を動かしてもらえたら・・・との思いです。

当日、スタッフ120名で支えられたイベントは、延べですが1765人を越える方々が参加をしてくださいました。

003
スタッフの方々です

003

庭球場・野球場・体育館でとても楽しそうな笑顔に出会うことができました。 子ども達は超元気!一緒にいらしたお父さん方が、一生懸命にヒップホップをしたり、スポンジテニスをしたり。

003

いろいろなメディアから流れ聞こえてくる不安要素が、この日だけは頭の中から消えてくれました。

ゴールデンウィークの1日をお手伝いで費やしてくださったスタッフの方には、本当に感謝です。
細かな説明をしなくても、率先して参加者に声をかけてくださり、手を差し伸べてくださいました。
1日中でとても疲れたとは思いますが、撤収まで手を貸してくださり・・・・ 本当に、本当に、ありがとうございました<(_ _)>

この日、来場してくださった方・模擬店売り上げ寄付による義援金の募金集計は 約500,000円となり・・・私たち職員もビックリ(*^_^*)

少しずつの力かも知れませんが、決して無力ではない!と実感しました。 ご協力に感謝、感謝、感謝です♪

皆さんの温かい笑顔や言葉に触れ、穏やかな気持ちになることができました。 いつでもそれぞれの立場で、“人を思いやる気持ち”を絶やすことなくこれからも持ち続けていきたいと思いました。  

Written by N

▲スタッフ通信 バックナンバーはこちら


contact